こんにちは。「だいち」です。

最近、ガス機器点検を装った強盗が多発していると報道されていましたが、僕が住む地域でも空き巣が増えているので注意するようにと市役所が呼びかけています。

そして、タイトルのとおり昨日我が家でも不審な出来事がありました。
昨日は4連休最終日、昼間僕はリビングで録画したテレビ番組を見ていて、妻は自分の部屋でくつろいでいました。

もうエアコンもいらない気温なので、リビングと玄関の間の扉も開けっ放しにしていたのですが、玄関の扉がガタっと音を立てたような気がしました。
そんなに大きな音ではなかったのですが、何かがぶつかったというより誰かが触ったような気がしたのです。

テレビを消して耳をすましていると、玄関の外にある鉄製の門扉を開閉する音がしたので、明らかに誰かが立ち入った気配です。

慌てて玄関脇の外が見える窓から外を見ると、60代くらいに見える男が立ち去っていくところでした。
リビングにスマホを取りに戻って、外に出て追いかけたのですが、マンションの外の道路に出た時にはもう姿は見えませんでした。

我が家のインターホンは鉄製の門扉の外側にあるので、郵便や宅配便にしろ、セールスにしろ、インターホンを鳴らさずに玄関扉のところまで他人が立ち入ることはありません。
僕は明らかに無施錠の玄関を確認して回っている泥棒だと思っています。

幸い今はセミリタイア生活で家を留守にする機会も少ないのですが、手荒な強盗まがいも増えているようなので注意は必要です。
ちょっと防犯カメラやセンサーなども検討したいと思っています。

よくネット上で仕事もせずに自宅にいる大人を自宅警備員と揶揄していますが、まさか自分が自宅警備の任務につく日が来るとは思いませんでした。