こんにちは。「だいち」です。

50歳にしてアーリーリタイアした僕ですが、就職した直後は当然のように定年まで働くものだと思っていました。
望んでいた仕事に就けた喜びもありましたし、日々のことをやるだけで精一杯で定年なんて遥か先の事を考える余裕なんてなかったのが実際のところです。

仕事に行き詰まり、転職が軽く頭をよぎることがたまにあっても、2人の子供を抱えて家族で生きていくためには何らかの仕事をして稼ぐ必要はあるので、アーリーリタイアなんて考えることはありませんでした。
なので20代、30代からアーリーリタイアを目指して、節約や貯蓄に励んでいたわけではありません。

普通のサラリーマンとして、家も買いましたし、車も何台か乗り換え、子供の教育費もそれなりに使いました。
それでも結婚以来共働きを続けられたお陰で、40代後半になる頃には、もしかしたらアーリーリタイアできるのではないかと思え、50歳になり先々の事をいろいろ考えて、今ある貯蓄と年金で何とかなると判断して、アーリーリタイアに踏み切りました。

FIRE ( Financial Independence, Retire Early )の定義には人それぞれの意見があるかもしれませんが、生活レベルで言えば、リタイア前と同等の生活が送れるという僕自身が納得できるレベルのFIREを実現できたと思っています。

そして、僕はリタイアしてから1年間は全く仕事をしない完全リタイア生活を選び、妻はそのまま働き続ける選択をしました。
完全リタイアを選んだ僕に対して、妻は仕事をせずに家に居るのは嫌で、今の仕事は楽しいから続けたいという考えでした。

結局、僕も完全リタイア生活を1年間送った後、少しだけパート仕事をするようになり、セミリタイア生活に移行するわけですが、実はここがFIREを実現することで手に入れられる一番の価値だと僕は思っています。

リタイア前やリタイアしてからも、FIRE実現の価値は働かなくていいことと考えていたのですが、FIREできる環境を手に入れることで、全ての選択肢の選択権を自分で持てることが本当の価値だと思うようになりました。

FIRE環境を手に入れて、普通にリタイアするのもありですし、仕事が楽しいと思えるのであれば、そのまま働き続けるのもありです。
僕のように一旦完全リタイアしてから、また少し働き出すのもありで、それらを交互に繰り返すのもありですし、給料が安くても興味がある内容ならやってみるという選択もできます。

働く働かないという価値観は僕の心の中でも未だに揺れ動いていることでもありますが、その選択権の主体が自分自身にあるという状態は非常に幸せなことだと思っています。

僕が語るまでもなく、アーリーリタイアを考えるような人にとっては当たり前のことかもしれませんが、今は次のパート仕事を探しながら、単に働かなくていいと言うよりも、FIRE実現した本当の価値はそんなところにあるのではないかと考えています。