こんにちは。「だいち」です。

僕は全く働きたくないという理由でアーリーリタイアしたわけではないので、リタイア後の選択として自営業というのも妄想した時期があります。

土曜夕方にテレビ朝日で放送している人生の楽園のように、移住して農業を始めたり、ペンションを開業したり、趣味が高じて店を開いたりとまでは思いませんでしたが、サラリーマン時代に取得した資格を生かして、小さなスペースを借りて、自分好みに改装して、儲けはなくても一国一城の主を妄想することがありました。

しかし、よくよく考えてみると、僕が住む地域は家賃相場が安いとは言え、店舗となれば10万円以上の賃料がかかり、光熱通信費や諸経費なんかを考えると、数百万の初期投資に加えて、最低でも月々20万円以上は経費がかかります。
いくら大きな儲けはなくてもいい、一人でのんびり経営と言っても、20万円を毎月稼がなければ赤字になるプレッシャーは発生します。

海千山千の同業者がたくさんいる中で、資格だけはあるとは言え、サラリーマン上がりの素人が暇つぶしのような感覚で始めたところで、儲けどころか経費も賄えず、毎月大赤字を出して、セミリタイア生活破綻を早めてしまう可能性大です。

昨日理髪店での出来事を投稿しましたが、自営業をしていると良いお客さんばかりではなく、やっかいな客も来るわけで、ストレスはサラリーマンの比ではないようにも思います。
とても一人でのんびりというセミリタイア生活とは程遠そうです。

僕の思考パターンの悪い癖で、何かを思いついた時に悪い想定が先にいろいろ浮かんできます。
そして、行動する前から面倒になって、「厭だ嫌だ、面倒くさい、やーめた」となるのです。
今回もそのパターン発動で、関連の本を読み漁った程度で、結局は何も具体的な行動はしませんでした。

今回はコロナ禍があったので、もしリタイア直後に自営業を始めていたら、1年もせずに瞬殺されて、大きな損失を出していたと思われるので結果オーライでしたが、石橋を叩き過ぎて、石橋を壊してしまう性格はちょっと考えものです。