こんにちは。「だいち」です。

元々出不精な性格なので、リタイア前から想像はしていたのですが、リタイアしてから本当に歩かなくなってしまいました。

せっかくリタイアして時間ができたので、スポーツジムでも通えばと家族からもさんざん言われていたのですが、あれやこれや理由をつけては先延ばししているうちにコロナ禍で、スポーツジムも逆に行きづらくなってしまいました。

サラリーマン時代は何もしないと言っても、通勤やランチ外出、コピー機に印刷物を取りに行ったり、会議室に行ったりと、自分で思うよりも歩いていて、今日は何もしなかったと思っても、6〜7000歩位歩いていました。

今のセミリタイア生活では外出しない日の夜に歩数を確認すると、1000歩行くか行かない日もあり、自分でも愕然とします。

今日は午前中天気が良かったので、郵便局に行った後、少し早足で遠回りして帰り、自分の脳内歩数計は5000歩位歩いたつもりだったのですが、実際の表示は2800歩、大きな開きがありました。

極たまに頑張って歩き、1万歩を超えた日の夜はクタクタで、ふくらはぎも心なしか以前よりもフニャフニャになっている気がします。そして歩くのがさらに億劫になるという悪循環。

セミリタイア生活は自由な反面、自分の甘さや弱さがすぐに露呈します。僕のような人間は適度な外圧があった方が上手くいくのかもしれません。

さて今月末は年に1度の健康診断です。また今年もかかりつけ医から痩せろ痩せろと責められそうです。