こんにちは。「だいち」です。

今しているパート仕事が間もなく契約期間満了を迎えるので、次のパート仕事を探しています。
いくつか応募した求人の1つから書類選考OKの返事を頂き、来週面接の予定があります。

僕も前職の時に採用面接する側の経験がありますが、今の僕のように50代前半のまだ働きざかりという年齢で、パート仕事に応募してくる男というのは怪しく感じるだろうと思います。

多分、履歴書を見れば、なぜ前職を辞めたのかは当然気になるところだと思いますし、それなりに知名度のある会社や組織で、業績不振やリストラのニュースが大々的に報じられていなければ、なぜ自己都合で辞めたのか、何か問題でも起こして辞めさせられたのか、心身に問題があるのかと警戒されると思います。

僕の場合、定年まで単身赴任が続きそうな将来の見込みを考えた時に、子供も巣立って、今ある資産で何とか夫婦2人が生きていけそうなので、それであれば家族との生活や両親のことを考えて、仕事よりも自分の残された時間や生活を優先させたかったというのが本音です。

しかし、今も現役バリバリのサラリーマンである採用する側の人に本音をぶつけたところで、「資産が十分できたから働くのを辞めました」としか聞こえないような気がして、変に反発をくらうか、悪い印象を与えるだけです。

会社側からのリストラ的な早期退職は浸透していても、ある程度蓄えを準備して、自らの意思で行うアーリーリタイアは一般的にはまだまだ好意的に受け入れられていない価値観だと思うので、上手く説明するのは難しいことです。

かと言って、前職で何か問題を起こしたわけでもなく、身体やメンタルを病んだわけでもないことも事実なので、その誤解は解いておきたい気持ちもありますし、その誤解を解かないことには、例えパートとは言え、採用には至らないと思います。

今のところ、自分でも上手い説明が思いついていないのですが、このあたりの説明をどのように他人に上手く伝えるのかが難しいところです。
あと数日は頭を悩ませようと思います。