こんにちは。「だいち」です。

完全リタイア生活を送った1年間に比べれば、今は少しパート仕事をしているので多少生活にも緩急がでてきましたが、それでも毎日働いていた前職の頃に比べれば変化のない単調な毎日です。

本来であれば、自由な時間が増えたことを生かして、旅行三昧のような生活を予定していたのですが、コロナ禍の中で積極的に旅行に出かける気分にもなれません。

リタイア当初は、子供達が2人とも巣立ち、夫婦二人の生活が始まるタイミングで引越しも考え、自分の気持ちの中ではビックイベントになる予定でしたが、こちらも望むような物件が中々見つからず、段々と面倒になり、今の住まいのままでいいかと思い始めてしまいました。

サラリーマン時代のような緩急があり過ぎる生活に戻りたいとは思いませんし、何もない穏やかな毎日は自分で望んだ暮らしですが、それでも単調な毎日に何か変化を求めたくなります。

そこで、僕がよくやるのが部屋の模様替えです。
リタイアしてからの1年半で何度も模様替えを行っています。
ベッドや机をあっちの部屋、こっちの部屋に移動してみたり、机の向きを変えてみたり。

この三連休も特にすることもなく退屈だったので、また自分の部屋の模様替えをして、机の置き場所を変えてみました。
机の向きを変えて、パソコンを打ちながら見えるものが変わるだけでも、気分も変わるものです。

さすがに部屋を何度も移動した時には妻に嫌な顔をされましたが、自分の部屋の中だけであれば嫌な顔もされず、引越しほど手間もお金もかかりません。
また外出が憚られる雰囲気になってきた中で、僕にとって自宅でできるよい気分転換です。