こんにちは。「だいち」です。

時々ネットでアーリーリタイアやセミリタイアの記事を目にすると、その記事に対するコメント欄が気になります。
つまりアーリーリタイアやセミリタイアに対する世間の反応が気になるのです。

コメントの中でいつも必ず出てくるのが生活レベルに関するコメントです。
「そんな生活費でセミリタイアと言えるのか」「自分は〇千万使える暮らしでないと嫌だ」のような感じです。

確かにいろいろなリタイア系ブログを拝見している中で、自分にはちょっと無理だなというセミリタイア生活もあるにはあるのですが、どのレベルで満足して幸せに暮らせるかは人それぞれです。

僕の場合もサラリーマン時代の生活を維持できれば大満足なので、アーリーリタイアを検討する上でベースとなる生活費はそれまでの実績値で、そこから子育てにかかっていた費用を引いたり、リタイア後の楽しみとして旅行費を少し増やしたりしながら決めました。

今の生活は決して大層な贅沢ができているわけではありませんが、普通に食べたいものを食べ、まあまあ快適な家に住み、節約節約と言って暑さ寒さを我慢する必要もありません。
平時であれば、年に何度かの旅行にもでかけられますし、必要なものや買いたいものをお金のために我慢することもありません。

僕にとっては今の生活レベルで大満足なので、仮に何億円も手に入ったり、年に1000万円使える環境にあったとしても、タワーマンションを買うこともないし、高級外車を乗り回したいとも思わないし、淡々と今の生活を続けていくのだろうと思います。

今よりも少しでもいい生活を目指して頑張ることは良いことかもしれませんが、もし今の生活レベルに満足しているならば、今の生活をあと〇十年維持するにはいくら必要なのかと考えて、そこを自分のゴールと決めるのも1つの考え方だと思います。