こんにちは。「だいち」です。

いろいろなブログを拝見していると、リタイア生活を送っている方は持ち家の方が多いという印象ですが、僕は駅近の賃貸マンションを借りてセミリタイア生活を送っています。

若い時には持ち家願望が強くて、頭金を貯めて早く自分の家を持ちたいと思っていました。
結婚して数年後、20代後半で駅から少し距離のある住宅街に一戸建てを購入しましたが、十数年住んだ後、家族のライフスタイルも変化していく中で、今の賃貸マンションに引越しました。

一昨年にアーリーリタイアした後も変わらず同じ賃貸マンションで暮らしていますが、今のところ新たに家を買おうという気持ちはありません。

持ち家VS賃貸というのは永遠に結論のでない比較のようですが、セミリタイア生活を送る今は賃貸の方に僕はメリットを感じています。

その1番大きな理由は住宅にかかる出費が一定で突発的な出費がないので、支出の見込みが立ちやすいことです。
ライフプランシートでセミリタイア計画を立てる際、毎月の家賃と2年毎の更新料を見込んでいればいいので、住宅に関する予備費を準備する必要がなくなります。

住宅の場合、ちょっとした修繕や機器交換でも工事費を含めると数十万円、下手すると数百万円の出費になり、金銭的な計画を大きく乱すことになります。
セミリタイア生活で怖いのは予期せぬ出費で金銭的な計画が破綻することです。

これだけ毎年のように各地で自然災害が発生すると、いくら損害保険に入っていても、いつ発生するかわからない多額の修繕費が心配になります。

他に、万一ご近所ドラブルなんかに巻き込まれそうになったら、サッサと逃げだしたいという気持ちもありますので、その点いつでも引越せる賃貸は気軽です。

もちろん持ち家にもメリットはあり、家賃が不要なので月々の生活費が抑えられたり、資産として残ったりしますが、平成初期までのように価値が上昇するような資産になることは今後期待できないだろうと僕は思っています。

今後自分がもっと歳を取って、賃貸住宅を貸してもらえないような状況になれば、家を買わざるをえないかもしれませんが、それまでは賃貸暮らしのセミリタイア生活の方がいいかなと思っています。