こんにちは。「だいち」です。

2年前にアーリーリタイアした直後は本当に仕事を辞めた解放感や高揚した気分で、仕事に関係するものは早く全て捨ててしまいたいとの思いに駆られました。

実際に4月の数週間のうちに売れるものはメルカリで売って、書類や資料はせっせとシュレッダーにかけて、それ以外は捨ててしまいました。
数年分保管していたスケジュール帳などは前月まで使っていた最新のものも、何百枚も溜まっていた名刺も全てシュレッダーにかけてしまいました。

もう前職のことを考える必要もないし、仕事関係の勉強をする必要もない、思い出すこともないとの思いがかなり強かったので、ちょっと大胆すぎるくらいきれいさっぱり捨ててしまいました。

今思えば、仕事に関係しなくても過去のスケジュールを確認したいこともあるし、顔は思い出せるけど名前が出てこなくて、名刺が残っていればと思うこともあるし、もうちょっと冷静になってから処分すればよかったと思います。

身の回りの品に関しては、革靴は冠婚葬祭で履くこともあるので1足だけ黒の革靴は残しましたが、それ以外は全て処分し、ネクタイも数本だけ残し処分しました。

スーツは悩みましたが、働いていなくても着る機会はあるだろうし、何より価格的に捨てるのはちょっと躊躇してしまい、結局は単身赴任先から持ち帰り、クリーニングしてから自宅で保管していました。

僕はリタイアしてから1年後、パート仕事を少し始めたわけですが、パートとは言え面接にはスーツくらいは着ていくのでスーツが必要となりました。
そして、今月から始めた新しいパート仕事は一応スーツを着る必要があるので、結果的にはスーツは残しておいて助かりました。

リタイア直後の高揚感を思い出すと、当時のどんどん仕事関係のものを断捨離したい気持ちも仕方がないと思うのですが、今となってはもう少し冷却期間を置いてから行動してもよかったかなと思います。