こんにちは。「だいち」です。

実際にアーリーリタイアする前は、「アーリーリタイア」や「セミリタイア」などのワードで検索して、見つけたブログを手当たり次第に読み漁っていました。
しかし、最近は家族構成や年齢、サラリーマン経験が自分と似たような境遇で、既にアーリーリタイア実行済みの方のブログのみを5つ程スマホのアプリfeedlyに登録して読んでいます。

リタイア系ブログの中には、社会や会社に対して攻撃的であったり、サラリーマンを見下すような発言が見られたり、極端な節約生活であったりと、逆に多くのリタイア系ブログを読みすぎることで、アーリーリタイアやセミリタイアって何だろうという混乱する気持ちの方が大きくなってきました。

既に自分がアーリーリタイアして2年が経過し、自分のセミリタイア生活のスタイルや思い描くセミリタイアというものが固まってきたこともあり、他人のセミリタイアが気にならなくなってくるにつれ、購読するブログも自然と減ってきました。

特に経済的な面では2年間暮らしてみた実感として、今のライフプランどおりの生活を続ければなんとかなりそうで、将来的に困窮するようなことはないだろうと思えてきたので、他人のお財布の中味と比較して安心感を得ようという気持ちが薄れてきました。

既にリタイアした今、経済的なことに関して思うのは、他人の資産額や支出を知っても仕方がないと言うことです。
自分もリタイアする前は「いくらあればリタイアできるのか」、「実際にアーリーリタイアした人は本当は数億円の資産を持っているんじゃないか」なんてことばかりが気になり、そんな情報ばかりを漁っていました。

しかし、満足できる暮らしができるのに必要な生活費は人それぞれ、月10万で暮らせる人もいれば、年1000万の生活じゃなきゃ嫌だと言う人もいます。
いくらの資産でリタイアしたかよりも、年金支給の改悪をどこまで見込んでいるのかや、予備費や不測の出費をどこまで考えているのかなど、ライフプラン作成の考え方を参考にした方がいいように思えます。

今は既にアーリーリタイアした人、特に自分とバックグラウンドが似たような人のリタイア後の暮らし方や気持ちの変化の方に興味が移っています。

同じような不安を抱いたり、気持ちが揺れ動いたり、自分と同じような人がいるのだと思えば、「皆同じなんだなぁ」と多少安心するし、楽し気にセミリタイア生活を送る姿を読むと他人のことながら嬉しくなります。

今購読している方々のブログを読んでいると、やっぱりセミリタイアっていいなと思わせてくれるのです。