こんにちは。「だいち」です。

セミリタイアに関係のない話です。

サラリーマン時代は出勤すれば机に向かい、椅子に座る生活を送っていました。
アーリーリタイアして機会は減ったとは言え、自宅でもパソコン作業をする時には机に向かい、今も椅子に座ってキーボードを打っています。
特に今はリモートワークのパート仕事で長時間椅子に座って作業をするので、デスクチェアがないと困ります。

自宅ではPLUSという事務機器メーカーのオーバルというデスクチェアを使っています。
買ってから10年は軽く経っていますが、今まで特に不具合もなかったし、パソコン作業をするのに座り心地のいい椅子です。

しかし、最近座面の高さを調整しても、少し時間が経つと徐々に低くなってくるような気がしていたのですが、ついに一番下まで落ちて、いくら上げてもすぐに落ちるようになってしまいました。

今まで椅子の上げ下げの仕組みなんて考えたこともなかったのですが、ネットで調べると、椅子の軸のところにガス圧シリンダーが入っていて、長期間の使用でガスが抜けると今回のような症状になるようです。

交換用のガス圧シリンダーもネット通販で購入できるし、交換方法もYoutubeで紹介されているのですが、交換用のガス圧シリンダーもそこそこの値段で、長年使用した椅子からシリンダーを抜くのも簡単ではないようで、デスクチェアのメーカーの説明書には一度差し込んだ軸は抜けない可能性があると書かれています。

ガス圧シリンダーを買っても古いシリンダーが外れず失敗すると悲しいし、ガス圧シリンダーの値段に少し足せば安めの椅子を新しく買えそうというケチな考えも浮かんできます。

近くのホームセンターで1万円ぐらいの椅子も見てみましたが、やはり値段なりの造りだし、今のデスクチェアを捨てるのも何だかもったいない。

一番下に落ちた状態でも使えないことはないのですが、あと3~4cm上がればまだまだ快適に使えます。
とりあえず応急修理で何とかできないかと考えて、100均で見つけたのがコレです。

物干し竿を止めるストッパーですが、ちょうど椅子の軸にはまりそうで、はめた時の高さも僕にとってちょうどいい感じです。
プラスチックなので強度が心配ですが、自宅にあったゴムのシートを貼り付けて補強してみました。

会社用の椅子と違い、自宅用は自分の高さに一度合わせれば上下に動かす必要はありません。
ちょっと貧乏くさい方法ですが、今のところ、修理費用110円のプチ修理で問題なく快適に使えています。