こんにちは。「だいち」です。

自称セミリタイア生活3年目となる令和3年度の住民税の通知書が届きました。

僕は一昨年3月末にリタイアしましたので、リタイア1年目は前職時代の所得丸々1年分を反映した税額、リタイア2年目はリタイア直前の1~3月分の給与分が反映された税額となっていました。
3年目となる今年度からやっと前職の所得に影響されない最終形の税額になります。

今は不動産投資と呼ぶには憚られる額ですが、わずかながら不動産所得を得ているのと、昨年4月から少しだけパート仕事を始め、こちらもわずかですが給与所得を得ています。

昨年のパート収入はほんとうに小遣い程度の稼ぎだったので、給与所得控除の範囲内で、パート収入に税金はかかりませんでした。

で、その住民税税額は、18000円でした。

1年目が約66万円、2年目が6万ちょいでしたので、昨年の3分の1以下、一昨年に比べれば36分の1以下です。

サラリーマン時代はえらく取られていたんだなぁと思う一方で、今年度の額を見るとちょっと申し訳ない気持ちにもなります。