こんにちは。「だいち」です。

僕は現在週に数日のパート仕事で得ている給与所得と家賃収入の不動産所得の2つの収入源があります。
11月に入り、今年の収入見込み金額もだいたい見えてきました。

今年は丸1年パート仕事をやりましたので、昨年より少しだけ収入が増えました。
そこで少し気がかりなのが来年の健康保険料です。

居住地の市役所のホームページで国民健康保険料を試算できるので、今年の給与所得と不動産所得の合計を入力したところ、軽減を受けていた今年と比べると3倍近くの約26万円となりました。

他にも国民年金保険料が20万円近くかかりますので、社会保険料としては約46万円になります。
今年の金額と比べても、自分のパート収入と比べても、結構ショックな金額です。

もう1つの試算としては、今のパート仕事の時間数を少し増やして、パート先の健康保険組合に加入するものです。

加入条件には事業規模もありますが、週20時間、収入月88000円以上をクリアすれば健康保険組合に加入でき、半額雇用主負担で健康保険、介護保険、厚生年金に加入できることになります。

今のパート仕事を数時間増やせば、加入条件を満たすことができ、社会保険料の合計は年16万円程度になります。
週に数時間のパート時間増で、今の時給に換算すれば数百時間にも相当する約30万円も節約することができます。

せっかくアーリーリタイアして手に入れたセミリタイア生活なのにパート時間を増やすなんてという気持ちと、わずか週数時間の差で3倍近い社会保険料はもったいないという気持ちと、そもそも来年もパート仕事を続けるのかという迷いと、いろいろと揺れ動いています。