不動産を買うかも その1

こんにちは。「だいち」です。

サラリーマンをアーリーリタイアした後の収入源の1つとして、戸建賃貸からの家賃収入があります。
生活費全てを賄えるほどの額ではありませんが、リタイアしてからも毎月一定の額が口座に振り込まれるというのは少なからぬ安心感を与えてくれています。

先日、見知らぬ不動産屋さんが突然自宅を訪ねて来られ、今時不動産の訪問セールスなんてと思いながらも対応し話を聞いてみると、所有している戸建賃貸の隣接地を買って欲しいという話でした。

いきなり買って欲しいと言われても、10万20万の話ではありません。
だいたいの概要を聞いて、「検討してみます」と返答し、その日は保留にして帰ってもらいました。

それから、その不動産屋さんのことや路線価などを調べてみましたが、ある程度知名度のある不動産屋だし、僕にとっても悪い話ではなさそうです。

「隣地は倍出しても買え」という言葉もあるそうですが、突然降ってわいた儲けの匂いがする話に前のめりになっています。