不動産を買うかも その2

こんにちは。「だいち」です。

昨年末に急に自宅に訪ねて来た不動産屋からもたらされた不動産購入話ですが、前のめりになりつつ、多少不安もあり、その後もう一度不動産屋の方と会い、結果的に購入する方向で話が進んでいます。

前のめりになっている理由は僕にとっておいしい話の可能性が高いからです。
上手くいけば1年分の生活費になるくらいの利益になりそうと皮算用しています。

反対に目の前においしい話がありながらも不安に思うのは、金額がある程度大きいことと、購入したとしても、その不動産をこの先どうするか決めきれておらず、利益が手に入るのが数年先か十数年先かもわからず、この先経費がどれくらいかかるかもはっきりしないところです。
何よりおいしい話には裏がありそうな漠然とした不安です。

一番重要な売却金額は当初の話で聞いた金額よりは下がったものの、僕なりに検討した想定価格よりはまだ高かったので、こちらの希望価格を正直に伝えてみました。

内心は買う方向で前のめりなのですが、今絶対に必要な不動産でもないし、あまり高すぎる値段で買うと後々こちらが苦しくなり、逆に損をするかもしれません。

不動産屋の方の感触を見ていると多分希望価格でいけそうな気がしましたが、売主の方と交渉してくれ、後日こちらの希望価格でOKとの連絡がありました。

こちらの希望価格で購入できれば、仮に数年寝かしていても、大損するリスクはかなり少なくなります。

早速、購入申込書を提出し、購入に向けて話が一歩前に進んだところです。