50歳のリタイアはアーリーなの?

こんにちは。「だいち」です。

リタイア系ブログを徘徊していると、「50代でリタイアなんてアーリーでも何でもなく、ちょっと早いただの定年」のような意見を見かけることがあります。

自分が20代、30代前半の頃を思い返してみると、50代の上司や先輩はお爺さんに見えていましたので、それくらいの若い年代の方からすれば当然の見方なのかもしれません。

それに少しでもアーリーリタイアやFIREなんて言葉がよぎる20代、30代にとっては、50代までの20年、30年なんて時間は果てしなく遠い未来で、目標とするには現実的ではないのも頷けます。

しかし、実際に定年まで10年を残して、50歳で一応アーリーリタイアを実現したと思っている身からすると、「随分と早く辞められたな」と思っています。

同じ年の元同僚達の大半はそのままの環境で少なくとも10年は働くわけだし、多分定年延長や再雇用で65歳まで15年は働く可能性も高いわけで、前職時代のあの重圧や大変さから10年も早く逃れられたと思うと、10年という期間はとても長く感じています。

それから、他人からどう思われるかは別として、自分が50代になってみると、普段生活する分には、それほど肉体的に衰えたという自覚症状もないし、考え方も20代、30代の頃と大きく変わったとも思えません。

僕の場合、子育てや金銭的なこともあって、30代でリタイアなんて、とてもとても無理でしたが、50歳でいろいろ条件が整い、本当にリタイアできただけでもラッキーでした。

50歳でリタイアしてから、あと2ヵ月で丸3年になります。
今53歳のオジサンの視点から見ても、「50歳でリタイアは十分アーリーだよ」というのが、実際にリタイアしてみた僕の感想です。